絡んでしまったウィッグをほぐす方法

何事も毛先からが大事

使用後のウィッグ、絡まってしまって困りますよね。そんな絡んでしまったウィッグをほぐす方法をお教えします。

 

まず、ウィッグ専用ブラシとウィッグスプレーを用意します。

 

欲を言えばウィッグ専用ブラシはメの細かいものと荒いもの2種類用意することをお勧めします。

 

では早速始めましょう。

 

絡まったままウィッグスプレーをかけるのはおススメしません。必ずメの荒いウィッグ専用ブラシで毛先から軽くとかしていきます。強く引っ張らず優しく優しく毛先から徐々にとかします。

 

その後ウィッグスプレーを軽く全体にかけ再度毛先からとかします。

 

全体の絡まりはこれでほとんど取れるはずです。

 

その後毛先、えりあしなど絡まりがひどい部分に多めにウイッグスプレーをかけ(結構濡れても大丈夫です)メの荒いウィッグ専用ブラシ→メの細かいウィッグ専用ブラシといったようにブラシを変えながら丁寧にとかしていきます。

 

そのあとスプレーで濡れた部分を乾かす&絡まるのを防止するためウィッグスタンド(なければコートハンガーやフックでも全然OKです)にウィッグをかけておき、乾いたらケースや袋にきちんとしまっておきましょう。

 

しつこい絡まりにはコレ

上記の方法でも絡まりが取れない場合は、洗面器に水をはりコンディショナー、トリートメントをやや多めに溶かしウィッグを毛先から静かに沈めます。(あまり動かさないこと!)

 

洗面器の中で毛先の部分を軽くウィッグ専用ブラシでとかし絡まりをとります。(根元は逆に絡まる恐れがあるので注意してください)

 

その後洗面器からとり、新しく水をはり毛流れの通りにウィッグをくぐらせます。ウィッグを直接しぼらずタオルで優しくウィッグを押え水分を取ります。

 

その後ドライヤー(冷風で!良いウィッグだと高温で癖をつけれるようになっているため温風だと変に癖が付く可能性があります)で乾かします。ここも毛先からです。余裕があればブラシでとかしながら行うと良いと思います。

 

大体乾いたらまたウィッグスタンドにかけて完全に乾かします。その後ウィッグスプレーをかけ、ブラッシングで仕上げをすると絡まりが取れます。

 

ちょっと手間はかかりますが自分で出来ますし、その分使用時に絡まないよう気をつけて使用する事が出来ますので是非チャレンジしてみてください。

 

 

絡んでしまったウィッグをほぐす方法関連ページ

ウィッグをより自然にする方法
ウィッグのつむじ、匂い、艶が気になった場合の対処方法はこれ
フルウイッグのアレンジ方法
いつまでも同じスタイルでは飽きてしまうかも。そんな時のために、フルウイッグのアレンジ方法をご紹介します。
ウィッグの洗い方
お気に入りのウィッグも使用とともに汚れてきますよね。いつまでも清潔に使用するため、ウィッグの洗い方とポイントをご紹介します。
ウィッグの紅茶染め方法
ウィッグの色を染めたいとき、身近にある市販の紅茶で手軽に染める方法があります。人工毛特有のテカりを消すこともできますよ。