フルウイッグのアレンジ方法

簡単ハーフアップアレンジ

フルウイッグはそのまま被っても、印象が大きく変わって大変身できるアイテムですが、ただ被っただけでは、不自然に見えてしまうという欠点があります。

 

そこで、より自然に見せるために、ハーフアップ等のアレンジをしてみましょう。

 

ここではロングのフルウイッグを使った簡単ハーフアップアレンジを紹介します。

 

ハーフアップのコツは、「もみあげ」と「えりあし」です。

 

地毛とウイッグは髪質や色が異なるので、地毛が見えるとウイッグであることが分かってしまいます。

 

また、フルウイッグの中のキャップが見えてしまうのも絶対にあってはなりません。

 

通常、地毛をハーフアップするときには、髪を束ねてアレンジしますが、「もみあげ」や「えりあし」は特に気にしないですよね。

 

でもフルウイッグで同じことをすると、地毛や中のキャップが見えてしまいます。

 

これを避けるために、ウイッグのサイドの毛を残してから後ろに束ねます

 

こうすることで、地毛のもみあげ部分が残したサイドの毛で隠れるため、とても自然です。

 

また、顔回りをカバーするため小顔効果もあります。

 

次に、ウイッグのサイド以外の毛を後ろに束ねる際の注意ですが、全部の毛ではなく、表面の毛を束ねるようにして下さい。

 

こうすることで、ウイッグのキャップ部分が見えることがなくなります。

 

また、えりあしの部分が浮かないように緩く束ねるのがコツです。

 

その他のアレンジスタイル

アップスタイルが難しい場合は、帽子やヘアアクセサリーを使ったアレンジがお勧めです。

 

片方のサイドにバレッタやヘアピンを付けるだけでも可愛くなります。

 

カチューシャを使うと、ウイッグの浮きを抑えて、安定感が増すのでお勧めです。

 

帽子を被れば、フルウイッグで一番不自然なつむじの部分が隠せるので、簡単に地毛のように見せることができます。

 

フルウイッグはアレンジが難しい印象ですが、ウイッグ内側のキャップや地毛が見えないようにすれば、とても自然に可愛くアレンジできますので、是非挑戦してみて下さい。

 

 

 

フルウイッグのアレンジ方法関連ページ

ウィッグをより自然にする方法
ウィッグのつむじ、匂い、艶が気になった場合の対処方法はこれ
ウィッグの洗い方
お気に入りのウィッグも使用とともに汚れてきますよね。いつまでも清潔に使用するため、ウィッグの洗い方とポイントをご紹介します。
絡んでしまったウィッグをほぐす方法
使用後に絡んでしまったウィッグを、傷めることなく簡単にほぐす方法をご紹介します。
ウィッグの紅茶染め方法
ウィッグの色を染めたいとき、身近にある市販の紅茶で手軽に染める方法があります。人工毛特有のテカりを消すこともできますよ。